November 14, 2015

  超小型モビリティの活用は、自動車メーカーの車両を使用した観光利用や人口密度の高い都心部での利用が目に付く。 ところが、埼玉県児玉郡上里町は、まちの住民の自立支援の観点から、地域のニーズに応じた超小型モビリティを地元ベンチャー企業と作ったのだ。イタリアのデザインを採用し生産は中国で行う。2015年11月30日から実証実験を実施している。

 

 人口減少や高齢化が進む中、公共交通の運営やその他のサービスの充実も難しくなってきている。自動車一人一台の地域では運転が出来なくなった途端に、自動車移動を代替する移動手段もサービスも存在...

November 11, 2015

 2015/11/11

 日本で生活をしていると普通のことで気が付かないかもしれないが、世界的に見ても日本のハード的なバリアフリーは進んでいると言われている。その一方で進まないのが心のバリアフリーだ。この心のバリアフリーについては「先進国の中で最も遅れている」と指摘する有識者もいる。

 このような中、少しずつではあるが、ある活動が活発化してきている。障害者をはじめとするマイノリティや福祉そのものに対する「意識のバリア」を取り除こうと、思わず「カッコいい」「カワイイ」と使ってみたくなるデザインや大きな大きなイノベーションを期待させてくれる...

November 10, 2015

  従来のバス路線を補うかたちで運行されているコミュニティバスの導入が全国で進んでいる。しかし、民間バス会社ですら乗合バスは経常的な赤字であるため、自治体のコミュニティバス運営負担額が年々増加傾向にあり、財政を圧迫してきている。また住民の声があったとしてもコミュニティバスの導入困難な自治体も大きかったり、声を上げるだけで乗らない住民も多く、これからますます高齢化が進むまちでは、住民の移動の確保と財政バランスが課題となる。

 農村がつながってまちを形成した地域では、食料や日曜日の買出し、医者にかかる、会社に勤めるなど、その地で生きていく...

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us

© 2020 by LEBEN

  • w-facebook
  • w-googleplus
  • Twitter Clean