May 11, 2016

 トヨタ・モビリティ基金(TMF)は2015年12月、岡山県美作市上山地区で「中山間地域の生活・経済活性化のための多様なモビリティ導入プロジェクト」(通称)上山集落みんなのモビリティプロジェクト)への助成契約を締結した。 

 美作市の現地NPO法人(みんなの集落研究所など)が産官学(美作市、岡山大学、岡山NPOセンター、地域住民など)で連携し、超小型EVなど、多様な移動手段を日常・農林業・観光で活用し、中山間地域における新たなモビリティシステムを構築する事業を計画している。トヨタ・モビリティ基金はこの事業に対して今後約4年間の助成を行...

May 10, 2016

 ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが商品の配送を検討していると公表したことで注目されている無人飛行機(ドローン)宅配。これまでドローンは情報収集が中心だったが、モノを運ぶ新しいステージに入り、日本をはじめ世界中で実証実験が開始されている。

 

 しかし実証実験はいずれも山間部や離島などで、人口密集地域での実証は行われていない。都市部の高層マンションへのホームデリバリーに挑戦しているのが千葉市だ。2019年を目標に実際にビジネスを開始したいと意気込んでいる。

 国家戦略特区に指定されたことを受けて開催された「千葉市ドローン宅配分科会」...

May 9, 2016

 体調がすぐれないが仕事を休めなかったり、交通の便が悪かったり、思うように動けない人にとって通院は一苦労。医師や病院の数も自治体やその中でも住む地域によってばらばらで、訪問医療では多くの患者を診察することは難しく、環境も整っていない。昔のように多世代で面倒を見合う世帯もだんだんと減り老老介護や独居老人世帯も増え、今や都市郊外部においても買物難民や通院難民が指摘されている。医療資源にも人の移動にも限界があるのだ。そして働き盛り・子育て世代にとって、通院や診察までの時間は、かなり負担になっているのだ。

 

 このような中で注目されているのが...

May 8, 2016

東京の共通基盤でリアルタイムにタクシーの位置情報を取得・管理するタクシー配車アプリ「スマホdeタっくん」。東京ハイヤー・タクシー協会が運営している。ミクロの多様なニーズとのマッチングを実現し、タクシーを公共交通輸送から“総合生活移動産業”へと育てるのがねらいだ。

 多摩地区が新たに加わって参加タクシー無線グループ数は20へ。平成28年3月時点で対応車両は約12,000台を突破し、法人無線タクシー参加率は、東京23区武三エリア(東京23区、武蔵野市、三鷹市)の約55%、多摩エリアの約31%となった。

 タクシー配車アプリの認知度は年々高ま...

May 8, 2016

 

 トヨタ自動車、東京都港湾局、東京臨海副都心まちづくり協議会は、パーソナルモビリティロボッ「Winglet(ウィングレット)」などの搭乗型移動支援ロボットの公道走行実証実験を、平成28年3月28日(月)~平成29年3月31日までの約1年間行う(試験走行は3月28日~、一般を対象とする乗車体験会は4月下旬~)。

 実施主体は、臨海都心Winglet公道走行実証実験運営協議会(トヨタ自動車、東京都港湾局、東京臨海副都心まちづくり協議会)。

 Wingletは現行法令上、公道での自由な走行が認められてないが、関東運輸局から原動機付自転車とし...

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us

© 2020 by LEBEN

  • w-facebook
  • w-googleplus
  • Twitter Clean