バスのドライバー不足、暮らしの移動をどうするか

日本バスは6月14日に総会を開きました。 参加者から話題になったことは、やはり以前から問題となっている人手不足です。 バスを走らせて欲しい、走らせたい。その声に応えたくても、バスの車両がありますが、運転する人がいないといった状況です。都心部を除き、路線バスはほぼ赤字と言われていますが、その上稼ぎたいところで稼げない状況が起きています。 バスの事業者間で、ドライバーの取り合いなど深刻な状況です。ある専門家はドライバーの獲得には「ドライバーの地位向上、賃金の引き上げ、労働環境の改善など」が必要だと話します。 あるバス会社の職員によると、人手不足はドライバーのみではなく、バス車両の整備士、バスガイド、運行管理者なども不足しているのだそうです。 これまでの人を運ぶ、そのバス車両を運転する人を超えた、新たなサービスの提案。そしてIT化が遅れ、アナログなバス業界ですが、事業者間の連携による開発や導入など、抜本的なIT化を図る必要性が強まってきています。 またバスの端末交通を補う、自転車や電動小型モビリティなどの移動手段を活用して、うまく暮らしを支える必要が出てきています。 

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us

© 2020 by LEBEN

  • w-facebook
  • w-googleplus
  • Twitter Clean